• ホーム
  • コンジローマに高い効果がある治療薬は医療施設で処方してもらえる!

コンジローマに高い効果がある治療薬は医療施設で処方してもらえる!

2020年02月23日
薬を飲もうとする男性

尖圭コンジローマを治す方法は、イボの切除手術やレーザー治療、患部を液体窒素で凍らせる凍結治療などの外科的治療法だけではありません。医師の診察と処方薬による治療が可能であれば、入院する必要はなく簡単に症状を改善できます。一般的に選択されるのはイミキモドと呼ばれる主成分が含まれた塗り薬です。使用によってウイルスが増殖するのを抑制できますが、ウイルスが完全消滅する訳ではないため治療薬は長期間の使用が求められます。

免疫力低下によってコンジローマは再発を繰り返すので、イボができる症状が出始める前か出始めた直後にすぐに治療を開始させるため常備薬にする場合も多いです。塗り薬を使うメリットは、手軽な治療法であるのと副作用が比較的少なく安全性が認められていることですが、医療施設で処方される量は限られています。

多忙で通院が難しい患者や、まとまった量の常備薬が欲しい人は、ジェネリック医薬品を使用しても治療が可能です。イミキモドを含んだジェネリック医薬品のイミキアドクリームは尖圭コンジローマのほか、日光角化症の治療に使われています。コンジローマの症状がある部位へ8週間程度継続して塗るとイボを改善する効果が得られるもので、有効率が約96%と高い薬です。

再発リスクも抑えられるなど、先発医薬品と変わらない効果がイミキアドクリームにはあります。世界から一定の評価を受けている治療薬ですが、先発品よりも単価が安いのが大きな特徴です。使用方法は1週間で3回就寝前に患部へ薬を塗り、塗布後6時間から10時間経過したら必ず石けんで洗い流してください。月水金か火木土のスケジュールで使用しますが、イボのみに塗るのと指など幹部以外で薬が触れた部分はすぐに石けんで洗浄します。

患部へ塗る時はクリームの色が透明になるまですり込むのが大切ですが、症状が見られない部位に治療薬を付着させるのは避けましょう。特に尿道内に触れると炎症が起き排尿困難になりやすくなるため、尿道周辺にできたイボには綿棒などを使って塗るようにしてください。薬の厚塗りや毎日の使用も副作用を起こしやすくする原因です。

先発品は医療施設で処方してもらえますが、イミキアドクリームはインターネットなどの通販で購入できます。個人輸入サイトなどを使えば、輸入の際に必要な手続きを自分でする必要がないので簡単に入手が可能です。まとめ買いをすれば単価が安価になる場合も多く、治療費を抑えられるでしょう。

関連記事
再発しやすい性病にかかったのなら治療後の予防についても考えよう

性病には治らないタイプの疾患があり、一度症状が完治しても再発を繰り返すこともあります。特に性器ヘルペスは再び発症する可能性が非常に高いです。一度感染すると神経節に病原菌が潜伏しますが、症状が出ない状態で服薬しても菌を消滅させる効果はあまり得られません。ヘルペスの再発を毎日繰り返している患者も中には存...

2020年05月08日
トリコモナス膣炎に効果のある治療薬はドラッグストアでは売っていない!

トリコモナス膣炎はミジンコに似た病原虫が原因で起きる性感染症で、膣内にある分泌物などを食べて増殖します。病原虫が増殖する際に出る成分に悪臭の原因があり、不快感がある症状を伴うのが一般的です。早期に検査をして症状がトリコモナスによるものかを把握し、すみやかに薬での治療を開始する必要があります。抗トリコ...

2020年03月13日
ヘルペスに悩んでいるのなら効果的な治療薬があるので手に入れよう!

唇や性器に不快な湿疹が見られるヘルペスには治療薬が発売されています。バルトレックスは、性器ヘルペスと口唇ヘルペスのほか、帯状疱疹や水疱瘡などの治療薬として第一選択されるケースが多いです。一度ヘルペスに感染するとウイルスを全て死滅させることができず、症状が良くなっても再発を繰り返します。バルトレックス...

2020年02月03日
性病を早期治療する大きなメリットは重症をさせずに済むことです!

性病を早期治療する一番のメリットは重症化させずに症状を抑制できるからです。現代では、仮に性病に罹患しても早い段階で治療を行えば、かなりの確率で回復します。しかし、若い患者のほかパートナーに感染経路を疑われるのに抵抗があるケースなどで、医療機関で診察するのをためらう人も少なくありません。性病の自覚症状...

2020年04月12日
梅毒に効果のある治療薬はあるので悲観せずにしっかりと治療を受けよう

梅毒は治療せずに放置すれば深刻な症状を引き起こす可能性がある性病のひとつです。感染してから3週間程度の頃に見られる初期症状やその後に出るバラの花に似た発疹は自然治癒することもあります。しかし、症状が完治したように見えても、病原菌の梅毒トレポネーマは身体に残っていて、治療しなければ病気そのものは進行し...

2020年03月28日
身体の症状から性病を疑うのなら早く治すためにも早めに治療を始めよう

性病は自覚症状を感じにくい人も多く、発見が遅れる場合も少なくありません。どんな病気も早めに治療を開始すれば、悪化を防いだり多くの場合で治りが早くなったりすると言えます。更に、パートナーや性行為をする相手に感染させないためにも、性病が疑われる場合には早期に医療施設で診察を受けるべきです。性感染症かもし...

2020年01月24日